すぐ使える!正規表現サンプル集
Google
WWW を検索 hodade.com を検索

      このエントリーをはてなブックマークに追加

正規表現Tips その1


\d
0〜9の数字を表す正規表現です。

\D
数字以外を表す正規表現です。

正規表現では小文字が大文字になると反対の意味を持ちます。


\s
空白文字を表す正規表現です。空白文字とは…半角スペース、タブ文字のことです。

\S
空白文字以外を表す正規表現です。

正規表現では小文字が大文字になると反対の意味を持ちます。


\w
英数字と「_」(アンダーバー)を表す正規表現です。つまり「ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ01234567890_」です。

\W
\w以外を表す正規表現です。

正規表現では小文字が大文字になると反対の意味を持ちます。


\n
改行文字を表します。LFと呼ばれる改行です。UNIX系マシンの標準的な改行コードです。

\r
改行文字を表します。CRと呼ばれる改行です。Apple系マシンの標準的な改行コードです。

Windows系マシンはCR+LFが改行コードとなります。2文字で1つの改行です。


\t
タブ文字を表します。

タブとは適当な間隔を空けてくれる文字です。タブを1文字入れると、たいていは半角スペース4文字分か8文字分の間隔があきます。


^
行頭を表します。

空行を表すには「^\n」(行頭が改行である)と書きます。


$
行末を表します。

「$」を置換対象にすると行末に文字を追加できます。


*
直前にある文字の0回以上のマッチを表します。

「A*」はAがない、またはある、場合に一致します。Aがたくさん続いている場合も一致します。


+
直前にある文字の1回以上のマッチを表します。

「A+」は、Aが1つ、またはそれ以上続いている場合に一致します。


?
直前にある文字の0回または1回の出現を表します。

「A?」は、Aがない、または1つある場合に一致します。


{n}
直前にある文字のちょうどn回に一致します。

つまりA{2}はAA、A{4}はAAAAに一致です。 \d(数字を表す正規表現)と組み合わせると数字の桁数が指定できます。


{n,}
直前にある文字のn回以上に一致します。

つまりA{2,}はAA,AAA,AAAA...(2文字以上ならいくらでも)に一致です。


{n,m}
直前にある文字のn回以上、m回以下に一致します。

つまりA{2,4}はAA,AAA,AAAAに一致です。 \d(数字を表す正規表現)と組み合わせると数字の桁数が指定できます。





行末の空白を削除する正規表現もあります。

1.正規表現とはなにか?
正規表現を簡単に説明すると?

2.正規表現を使う準備
まずはエディタの設定

3.正規表現サンプル集
【検索編】

検索で使える正規表現

4.正規表現サンプル集
【置換編】

置換で使える正規表現

5.正規表現のお勉強
正規表現で検索
少し高度な検索
文字列置換
最短一致について
エスケープ文字のこと
上から順番にだんだん難しくなります

6.エディタの強調表示でテキストに色づけ
色つきで見やすくできます

7.プログラムで正規表現を使う
各種プログラム言語でも使えます

8.ナイスな記事集
ここよりスゴイ正規表現がある


Since 2005.09.30 / HODADE SYSTEMS / Update 2015.01.03